フォトフェイシャルは効果ない?体験からわかった意外な効果!

フォトフェイシャルに行ってきました。

世間では効果なしという声も聞かれますが、
ものは試し! やはり興味があり、やってみることに。

フォトフェイシャルは効果があるのか?ないのか?

スポンサードリンク

私の体験からわかったことを
正直に書いてみたいと思います。

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは光を使った治療になります。

IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を
顔に放射します。

  • しみ
  • そばかす
  • くすみ
  • にきび跡
  • 赤ら顔

これらの症状に効果が望めるといわれています。

施術後のダウンタイムが少なく、安全性が確立されていると
一般的には言われています。

フォトフェイシャルとレーザーの違い

フォトフェイシャルとレーザーって同じものなのでしょうか?
それとも、全然違うもの?

レーザーも光をあてて、治療しますが、
大きな特徴は、単一の波長をもった光をつかうところ。

目的にかなう波長の光だけを使用します。

光

一方、フォトフェイシャルは光を一旦
フィルターに通して、必要な域の光だけをとりだします。

ちょっと、書いていて説明がわかりにくくなりました。

レーザーは、単一で強力だけど、融通が利かない。

フォトフェイシャルは、目的にあわせて、光の種類を
変化させることができるけれど、レーザーよりもパワーが弱い。

そんな感じですね。

フォトフェイシャルのほうがひとつの機械で
お肌のいろいろな悩みに対応できる総合力がある。

一方、レーザーは単一の悩みにあわせたピンポイントな治療法。

そう考えてよさそうです。

フォトフェイシャルを受ける前に

フォトフェイシャルはエステサロンと病院などの
医療機関の両方で受けることができます。

私は、もしものことがあったら、
お医者さんに相談できるかも?

そう思って、皮膚科に付随している
美容サロンでフォトフェイシャルを受けました。

そのかわり、皮膚科のお医者さまにフォトフェイシャルを受ける前に
いちど診療してもらわないといけませんでした。

その場合の、初診料は自己診療扱いでした。
たしか、5千円くらいかかりました。

最初に肌の状態をみてもらい、フォトフェイシャルを
受けられるかどうか?判断してもらいます。

ちなみに日焼けしている肌だと、フォトフェイシャルは無理だそうです。

そのときに、肌の悩みなども話しました。
私はしみを消したいので、フォトフェイシャルを受けたい。

そのことを伝えました。

肌の悩み

すると、シミによって効果がある場合とダメな場合がある。
それはやってみないとわからない。

1回でダメでも、数回で効果がでる場合がある。

複数回受ける場合は、4週間の間を空けないといけない。

使用するのは、I2PLという機械で、従来のIPLより
優れていることなどを説明されました。

そして、最近ちょっと厚みがでてきているような
シミが気になっていたので、それを相談すると、、

この場合は、シミが厚みがあり、フォトフェイシャルでは
治療できないので、窒素で処理しましょう。

その場で、イボ状になったシミは窒素で焼いてくれました。

その部分には、同日はフォトフェイシャルは
当てないように指示されました。

しかし、2回目からは、フォトフェイシャルをあててよいとのことでした。

皮膚科とサロンは別の建物なので、皮膚科での診断のあとに
予約していたサロンを尋ねました。

初診料が保険外なのは、金銭的に痛かったですが、
気になっていた盛り上がったシミを
皮膚科で治療できたのは思いもよらぬ収穫でした。

フォトフェイシャルは痛い?

皮膚科の診療がおわり、別棟にあるサロンを訪れました。

気になる費用についてですが、
1回のショットで〇〇円という形ではありませんでした。

顔を、おでこ、ほほ、あごのあたりと3分割して、
その部分内だったら、回数にかかわらず、放射してくれます。

そして、1回ごとに1万円。

そして、フォトショットをすると肌が乾燥するので、
ビタミンC導入したほうがいいということで、プラス3千円。

1回の治療につき、13,000円です。

まずは、お肌をクールダウンさせるために
冷たいジェルを塗ります。

そして、目の上にマスクのようなものをかぶせて
光から目を守ります。

そして、フォトショットを当てていきます。

どれくらいの痛さか?

よく、ゴムをパシッと肌に当てるくらいの痛さと
説明されることが多いみたいですが、、、

うーん、正直、当たる場所によって痛さが違いました。

私の場合は、ほほのあたりはあまり痛くなくて
鼻の近くだと、かなりきーんとした痛さがありました。

しかし、我慢できる痛さです。

スポンサードリンク

最初はびびっていましたが、予想より痛さは少なかったです。

そして、場所や肌の悩みにより、
光の種類や出力を変えていくようです。

目隠ししていても、光があたるときに、
カメラのフラッシュのようにぴかっとするのが感じられます。

それが、最初は怖かったです。

ちなみに、目の上にはフォトショットは当てませんが、
かなり目の際の近くまで光を当てられます。

これが意外でした。

視力にかかわる部分などの深いところには
光は届かないので大丈夫ということを説明されました。

光を当てるのは、約20分くらいかと思います。

そのあと、肌を冷やして、ビタミンC導入してもらいました。

フォトフェイシャルの効果

さて、フォトフェイシャルの効果ですが
どうだったのでしょうか?

フォトフェイシャルを当てたあと、鏡をみると
ポツポツと赤くなっていました。

日焼け止めや化粧品はフォトフェイシャル後
すぐにつけても問題ないそうです。

そのポツポツしたところが、その日のうちに
乾燥して、ポロポロと剥けてきました。

無理やり剥がすのはよくないので、なるべくさわらないように
したのですが、洗顔のときや、夜寝ている間にはがれてきます。

ポツポツは小さいので、遠目からはわかりにくいのですが
近くによると、そばかす状に肌がなっているのがわかります。

見た目としては、お肌はかなり悲惨な状態です。
これが、2〜3日続くので、注意が必要です。

フォトフェイシャルの当日に、デートや
公の行事などの予定は入れられませんね。

かなり目立ちます。

そして、サロンでも病院でも注意されたのが
日焼けは絶対にしないように!

紫外線

紫外線は当てないようにということです。

フォトフェイシャルは皮膚がやけど状態と
同じようなものです。

紫外線があたると絶対によくないということを
しつこく注意されました。

さて、皮膚がポロポロ剥けてきたので、
この時点で、シミもとれているかも?

シミへの効果をかなり期待したのですが、、、

2〜3日たって、肌が落ちついてから
冷静に肌を観察してみました。

うーん、そばかすみたいなシミは少なくなっているのかな?

頬にあった、1番気になるシミは全然薄くなっていません。
残念ですが、大きなシミは変化ありませんでした。

正直、シミに関してはあまり効果はわかりませんでした。

フォトフェイシャルで1番効果があったところ

私の1番気になっていたのは、大きな頬のシミです。
しかし、残念ながら、1回目では効果がありませんでした。

複数回で効果がでる場合もあると聞いていたので
もう少しがんばってみることにしました。

4週間あけて、合計3回受けてみました。

しかし、シミは消えることはありませんでした。

サロンのひとも、うーん、シミが思ったよりも
深い層にあるのかもしれません。

こういう場合は、フォトフェイシャルはダメなんですよねー。
レーザーのほうが効果があります。

と言っていました。

シミに関しては、フォトフェイシャルでは
劇的な効果は私にはありませんでした。

しかし、思いもよらぬ効果が2つあったので
それを最後に紹介したいと思います。

毛細血管が消えた

頬がむっちりリフトアップして、肌のハリがでた

毛細血管についてですが、私の肌は薄いせいでしょうか?

よく見ると、毛細血管が切れたような、
内出血のようになった部分が頬に何カ所かありました。

そのせいで、赤ら顔とまではいかなくても
ちょっと赤くなっている部分があったのです。

これが、1回のフォトフェイシャルで魔法のように消えていました。

期待していなかっただけに嬉しい効果です。

もし、これからも、毛細血管が目立ってきたら
迷わずに、フォトフェイシャルを選ぶと思います。

そして、1回目では気づかなかったのですが、
回数を重ねるごとに、ほほのあたりがリフトアップしているのです。

ハリがでてきて、たるみが少なくなっています。

これを、皮膚科を再訪して先生に報告すると、
フォトフェイシャルの光が
肌のコラーゲンの再生に働きかけるからだそうです。

高齢の女性だと、この効果が目に見えてわかりやすいそうです(笑)

頬のあたりがアップして、さわるとプリプリの
お肌になっていたのは嬉しい効果でした。

こんな私の体験からは、フォトフェイシャルは

チェックマーク赤シミにはあまり効果がない
チェックマーク赤頬のリフトアップに試してみては?
チェックマーク赤毛細血管のお悩みがある人には超オススメ!

こんな結論になりそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ