妊婦の便秘の解消法!どれが効果あるの?

妊娠中は、なにかと便秘になりやすい!
本当に苦しいですよね。

便秘薬などの薬は、生まれてくる赤ちゃんに
何かあったら怖いから、使いたくないし、、、

できたら、母体にも赤ちゃんにも
負担のかからない便秘の解消法を選びたい。

スポンサードリンク

そんなお悩みの女性には、必見の情報を
まとめてみました。

私が試してみて、効果があった食べ物など
紹介したいと思います。

どうして妊娠中は便秘になるの?

妊娠前は、便秘とは無縁だったはずなのに!

妊婦になったとたん、便秘になってしまい、
そんな体の変化に、戸惑う女性も多いのではないでしょうか?

それには訳があったのです。

便秘の解消法のまえに、
どうして、妊娠中は便秘になりやすいのか?

その理由を簡単にまとめてみました。

妊娠中期に便秘になる理由

妊娠中期に起こる便秘の原因は、
ホルモンが犯人! そのパターンが多いのです。

妊娠中に多く分泌される『プロゲステロン』という
ホルモンは、胃や腸の筋肉を弛緩させる作用があります。

その結果、胃から腸にかけての蠕動運動(ぜんどううんどう)が
低下してしまうのです。

蠕動運動(ぜんどううんどう)とは?

蠕動運動とは、胃周辺の筋肉の収縮によって
生じたくびれが波のように徐々に伝わっていく運動のことです。

胃のサイエンスよりー

食べ物を食べてから、消化器官は収縮運動を繰り返して、
栄養を吸収しながら、ゴールの排出へと、波のような
運動をしながら、食べた物を移動させます。

大腸は、便を押し出すのが大きな役目!
その働きが低下してしまい、便秘になりやすくなるのです。

これは「弛緩性便秘」となります。

妊娠後期に便秘になる理由

妊娠後期になると、子宮が、かなり大きくなり
小腸や大腸が背中のほうへ押しやられます。

大きくなった子宮が、大腸を圧迫してしまうのです。

その結果、便が大腸に留まる時間が長くなってしまう。

便の水分が、腸のなかで普通以上に吸収されて、
便がカチコチに固まってしまいます。

そして便秘になるのです。

この大腸を圧迫するタイプの便秘を、
「直腸性便秘」といいます。

そして、他にもこんな理由が!

妊婦の便秘

水分不足

子宮内に羊水を貯め込もうと体が働いて、
体内の水分量が減ってしまいます。

また、つわりなどで、水分や食事が
充分に摂れなかったときに、便になるモノが不足して
排便の回数が減ってしまう。

そして、便秘グセがついてしまうパターンもあります。

運動不足、ストレス、精神的なもの

妊娠中は、どうしても運動不足になりがちで、
腹筋が衰えてしまいます。
いきむ力が弱くなり、便秘を引き起こします。

そして、便秘になると、トイレに行くのが怖い!
あの苦しみをまた味わうのがイヤ!

そんな体験を通して、便通が、精神的にも
ストレスになり、悪循環で便秘になってしまうケースがあります。

妊娠中の便秘の解消法

妊娠中に気をつけてほしいのが、何と言っても
水分の補給です。

前の章でも説明しましたが、
妊娠中は、体が水分不足になりやすいのです。

お腹のなかの赤ちゃんの分まで、二人分の水分を
とるくらいの気持ちで、丁度いいのかも?

朝1のコップ1杯の水

健康のためには、冷たい水よりお白湯を
飲んだ方がオススメです。

スポンサードリンク

もちろん、妊娠中もです。

しかし、便秘に悩む場合は、
朝起きて、すぐに冷たい水をコップ1杯飲む!

これが効果的です。

コップ1杯の水

妊娠中は体を冷やすのは、なるべく避けたいところですが、
1日に1杯。朝一の冷水だけは、例外にしちゃいます。

簡単なことですが、これを習慣にすると
ずいぶん変わってきました。

コツは、とにかく起きてすぐに飲むこと。
空腹の空っぽの状態で飲むのがポイントです。

オリーブオイルやココナッツオイル

大さじ1ぱいのオリーブオイルを飲むと
便秘には効果的です。

とは言え、正直、油を飲むのはキツいです。

そこで、オリーブオイルの代わりに
試しに、大さじ1杯くらいのココナッツオイルを牛乳や
豆乳に混ぜて、飲んでみました。

私には効果がありました!!!

ココナッツオイルは暖かい飲み物に
溶けやすく、甘い香りもあるので、オリーブオイルに
比べて、遥かに飲みやすいです。

ただし、ココナッツの香りがダメな妊婦さんには
ちょっと、キツいかもしれません。

大丈夫だったら、試してみてください。

ココナッツオイルをコーヒーに入れても
フレーバーコーヒーのようで美味しいのですが、
妊娠中は、カフェインは避けたいので❌です。

プルーンジュース

これは、アメリカ人に聞いた方法です。

試してみたら、これも効果がありました。

もちろん、プルーンを食べるだけでも効果があります。
しかし、なぜか、ジュースのほうが効果が高い気がするのです。

ドライプルーンには、食物繊維がいっぱい含まれています。

プルーンの食物繊維には、水に溶けない不溶性繊維
と、水に溶ける水溶性繊維の両方が含まれています。

不溶性繊維は、大腸を刺激して、便質を改善してくれます。
水溶性繊維は、不要なものを体外へ排泄させる働きがあります。

ちなみに、私は、乾燥プルーンだと、モソモソして
ちょっと、食べづらかったので、ジュースを選んだのです。

すると、嬉しい結果が!

ジュースにすると、便秘だけではなく、一石二鳥で
妊娠中の水分不足にもよさそうですよね。

そして嬉しいのは、プルーンには鉄分が
いっぱい含まれていて、貧血予防にも役立ちます。

オリゴ糖

これは、有名ですよね。
ご存知の妊婦さんも多いかもしれません。

私のオススメは、オリゴ糖をヨーグルトと一緒にとる!

オリゴ糖は、腸のなかの、
乳酸菌やビフィズス菌のエサになり、
善玉菌を増やしてくれる働きがあります。

なので、乳酸菌を一緒にとると、
便秘だけではなく、腸の環境をきれいに
整えてくれる
のに、更に効果的なのです。



このオリゴ糖がいいのは、純度がほぼ100%なこと。

じつは、スーパーでよくみかけるシロップ状のオリゴ糖は、
だいたい30%くらいしか含まれていないのです。

もちろん、妊娠中でも大丈夫な安心できる商品です。
原料も日本製なのも、ポイントが高いです。

ぜひ、ヨーグルトと一緒に試してみてください。

どうでしょうか?

もしよければ、ぜひ試してみてくださいね。

そして、どうしても便秘が解消できない場合は、、、
ぜひ、産婦人科の先生に相談してください。

妊娠中でも安全なマグネシウム系の便秘薬を
処方してくれるはずです。

我慢だけはしすぎないように!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ