年賀状の交換!未使用は無料でできる?書き損じの場合は?

使っていない年賀状。

新品で未使用だから、返品できる?
あるいは、無料で他のハガキと交換できる?

スポンサードリンク

書き損じの場合はどうすればいいの?

手数料はいくらくらい?

そんな年賀状の交換について、
パターン別に分けて調べてみました。

その結果、無料で交換できる。
そんな場合はなくもありませんでした。

この歯切れの悪さの理由は読めばわかります。

郵便局の払い戻しの基本

まずは、基本からです。

郵便局の場合は、現金による払い戻しはできません。

つまり、いったん購入してしまった年賀はがきについては
それを現金に替えることはできないのです。

紙幣

そのため、理由に関わらず
年賀はがきは、他のハガキ、切手などの郵便局の
商品との交換しか、手段はありません。

どうしても、現金が欲しい!

その場合は、金券ショップなどで
未使用のハガキを買い取ってもらう方法があります。

未使用の年賀状を無料で交換

年賀状を交換したい。
いろいろなパターンがありました。

未使用なのだから、できたら無料で交換してほしい。
そう思うのは、私だけではないはず。

まずは無料で交換できる場合からです。

しかし、未使用の年賀はがきを
無料で交換できるのは2つのパターンだけでした。

近親者が亡くなり服喪である

近親者が亡くなり、年賀状をだせなくなった。
喪中の期間であるため、年賀状は今年は控える。

服喪の場合は無料で交換することができます。

対象は?
  • お年玉付き年賀はがき
  • 寄附金付きお年玉付き郵便切手
何と交換できる?
  • 通常切手(弔事用切手を含む)
  • 通常はがき
  • 往復はがき
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)
期間は?
  • お年玉付き郵便はがきの
    販売開始日〜販売期間終了日まで

この場合は、請求書が必要になるので
窓口で問い合わせてください。

ハガキの販売期間が終わる前までに
交換しないと、無料ではなくなるので
交換時期には注意が必要です。

誤って違う種類のハガキを購入した

年賀ハガキ、じつは色々な種類があるのです。

インクジェットの写真用のハガキを購入した。
そのつもりが、ただのインクジェット用のハガキだった。

そんな誤購入をした場合には、
無料で他の年賀ハガキと交換できます。

交換の対象は?

お年玉付き年賀はがき

  • 無地
  • 絵入り
  • インクジェット用
  • カーボンオフセット用
交換の対象外は?
  • 広告付きはがき(エコーはがき)
  • 四面連刷
  • オリジナル年賀はがき

これらは無料交換の対象外になります。

あくまでも、この無料交換サービスは
年賀ハガキ → 年賀ハガキになります。

お目当ての年賀ハガキが売り切れになると
交換できないので、これも早めに動いたほうがよさそうです。

切手や普通のハガキとは無料では交換できません。

スポンサードリンク

年賀状を有料で交換

未使用の年賀ハガキを無料で交換したい場合は
かなり条件があることがわかりました。

喪中でない限り、買い間違った年賀ハガキを
正しいものと交換するという意味合いが強い印象です。

しかも、購入期間を過ぎると
無料交換ができなくなります。

年賀はがきは、無料ではないのですが
有料で交換することができます。

有料交換のパターンを次に紹介したいと思います。

未使用の年賀状を有料で交換

単純に年賀状が余ってしまった。
そんな場合です。

何と交換できる?
  • 通常切手
  • 通常はがき
  • 往復はがき
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)
期間は?

特になし

手数料は?

1枚につき5円(2015年現在)

手数料は現金払いになりますが、
切手で払うことも可能です。

しかし、手数料を差し引きで
払うことはできません。

10枚、交換したい場合は 5円 X 10枚 = 50円
50円分の切手を持参して払うことができます。

注意するポイントですが
去年の年賀ハガキを今年のものに
交換することはできません。

ハガキに交換する場合は
通常ハガキが対象になります。

そして、もうひとつの有料で交換するパターンです。

書き損じの年賀状を有料で交換

年賀ハガキを送る前に、書き損じてしまった。
印刷に失敗してしまった。

書き損じの場合も有料で交換できます。
基本は未使用の年賀ハガキの場合と同じです。

何と交換できる?
  • 通常切手
  • 通常はがき
  • 往復はがき
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)
期間は?

特になし

手数料は?

1枚につき5円(2015年現在)

しかし、未使用の場合と
ひとつだけ大きな違いがあります。

お年玉付き年賀ハガキの販売期間中であれば

書き損じのお年玉付き年賀ハガキ

     ⬇

新しいお年玉付き年賀ハガキ

年賀ハガキ

5円の手数料を払えば、新しい年賀ハガキと
交換できるのです。

新しく年賀ハガキを買い増すより
こちらのほうがお得な方法ですよね。

書き損じが溜まってしまって、年賀ハガキが足りない!
販売期間中に交換することを考えては?

年賀ハガキの枚数が足りないかも?

そんなときは、書き損じを探して
販売期間中に交換してしまいましょう。

年賀状の交換のまとめ

ちょっと、情報がごちゃごちゃしてきたので
まとめてみますね。

未使用でも現金の払い戻しは不可

手数料を払えば、交換可能

書き損じ、未使用でも、手数料は同じ

古い年賀ハガキでも、交換可能

書き損じの場合、販売期間中だと、新しい年賀ハガキと有料で交換できる

未使用の場合、販売期間中だと、種類によれば、無料で交換できる場合がある

年賀状を書いている途中で、まだまだ年賀ハガキが必要。
そんなときは、販売期間中に交換したほうがお得です。

年賀状はもうこれ以上書かない。けれど枚数が余ってしまった。
その場合は、いつ交換してもお得度は変わらない。

そう考えてよさそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ