虫刺されで水ぶくれの原因と対処!潰して大丈夫なの?

虫に刺されたところが水ぶくれになっている!

  • この水ぶくれ潰して大丈夫なの?
  • 虫刺されで水ぶくれができる原因は?
  • 水ぶくれへの対処法は?

私はキャンプへ行った時に虫に刺されて、
かなりひどい水ぶくれになった経験があります。

そして、数年経った今でも
ちょっと後悔することが、、、

スポンサードリンク

虫刺されで水ぶくれになってしまった。
ぜひ知ってもらいたい情報をシェアしたいと思います。

虫刺されで水ぶくれが原因でシミが!

私が後悔している理由、、、

それはシミになってしまったことです。

数年前に、キャンプへ行き、足のすねの部分を
虫に刺されました。

刺された時は、とにかくかゆい!

それだけの筈でした。

なるべく触らないようにはしていたつもりなのですが、
かゆくて、かゆくて、夜知らないうちに掻いていたようなのです。

そして、数日経っても痒みは収まらずに
水ぶくれができてしまっていたのです。

水ぶくれの周りが赤くなり、
なんだか熱を持っているようでどんどん腫れてきていました。

しかし、その時はたかが虫刺されで
病院へ行くほどでもないな、、、と甘く見ており、、

その結果、足にこんなシミができてしまいました。

虫刺されのあとのシミ

🔼お見苦しい写真で申し訳ありませんが、
参考のために、、、虫刺されのあとのシミの写真です。

水ぶくれの形がそのままシミになっているのが
わかるかと思います。

虫刺されと水ぶくれはなんとか治まりましたが
シミは数年経っても取れません。

皮膚にシミができて、私のように後悔する前に、、

虫刺されが原因の水ぶくれは正しい処置が肝心です。
そして、痒みが続く場合は、皮膚科へ行くことを強くお勧めします。

虫刺されで水ぶくれができるのはなぜ?

そもそも、どうして虫に刺されて、水ぶくれができるのでしょうか?

一言で言うと、アレルギー反応です。

虫に刺されると赤くなったり、痒くなったり、、
これらはすべて体がアレルギー反応を起こしているのです。

特に、このアレルギー反応の強い人ほど
水ぶくれになりやすい傾向があるそうです。

虫刺されの痕がシミになる?

虫に刺されて、そこがシミになる。

刺されたところを爪などで掻いて、そこから細菌が入ると、
虫刺されの症状が悪化します。

スポンサードリンク

症状が悪化すると、『二次感染』を起こす可能性が高くなり
その結果、虫刺されの跡が残ることがあるのです。

皮膚だけではなく、体調が悪くなったり、
熱が出たりすることもあるそうです。

たかが、虫刺されと甘く見てはいけないのです。

今思うと、私の水ぶくれも二次感染を起こしていた可能性が高いです。
きちんと皮膚科へ行き、早めに治療していれば、、今はそう思います。

虫に刺されて水ぶくれの対処法

虫に刺されて、水ぶくれができてしまった。
どのようにすればいいのでしょうか?

まずは冷やす!

虫に刺されたところは冷やす方がいいそうです。

冷水やきれいな氷嚢などを当てて
患部を冷やしましょう。

基本としては水ぶくれは破らない

水ぶくれを潰したり、破ったりすると細菌感染を起こして
とびひになることがあります。

虫に刺されて痒い

もし破れてしまったら?

そこから細菌感染しないようにすることが大切です。
ガーゼなどで保護して、皮膚科を受診することをお勧めします。

自己流で治療すると、とびひを引き起こしたり、
私のように跡が残ったりすることがあるので、やめた方がいいはず。

皮膚科の先生によると、、
水ぶくれがかなり大きくなってしまった時や
痛みを伴う場合は中身を抜くとよい場合があるのだとか。

しかし、こんな時は、自己判断はやめて
きちんと受診して処置をうけてくださいね。とのことです。

虫刺されのあとを残さない

虫刺されのあと、二次感染して、治療を受けずに
放置していると、跡が残る場合が多いそうです。

加齢とともに、虫刺されのあとが
シミ跡に変化することも少なくはないのです。

私の場合は、水ぶくれからシミになりましたが、
他にもこんなトラブルのケースもあります。

虫に刺されたあとの痒みがおさまらずに、
皮膚が硬くなり、しこりのような盛り上がりができてしまう。

結節性痒疹(けっせつせいようしん)という皮膚疾患になります。

とにかく、痒みが激しく続くのが特徴です
ついつい掻きたくなりますが、皮膚を刺激すると悪化してしまいます。

その結果、皮膚がイボのようなしこりになってしまいます。

とにかく、虫刺されのあとを残さないためには
虫刺されの場所を触らない!掻かない!
これが一番重要なのです。

最後にしつこいようですが、水ぶくれがひどくなったり、
痒みがおさまらない場合は、早めに皮膚科へ行くことを強くお勧めします。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ