眉毛が薄い悩み!アートメイクはどうなの?

眉毛が薄くて悩む女性
はい、私もその一人です。

眉が薄いと、なんとなく幸せ薄そうな
イメージで、弱々しくて、ずっとイヤでした。

ノーメイクの時に、宅急便が届いたりすると
慌てて、帽子をかぶって対応したこともあります。(笑)

なんとか、この薄い眉毛がどうにかならないか!
それで、飛びついたのがアートメイクです。

アートメイクの施術を受けた後、
後悔している大きなことがひとつあります。

スポンサードリンク

私が何を後悔しているのか?

アートメイクを考えている女性には
知って欲しいことを書いています。

決断する前に、是非読んでください。

アートメイクで後悔したこと

最初に結論から申し上げます。
私がアートメイクで、何を後悔したのか?

1番の大きなポイントは、、、

MRI検査が受けられない!

これに尽きます。

正確に言うと、アートメイクをしているからといって、
絶対にMRI検査が受けられないわけではありません。

あくまでも、そんな可能性がでてくるのです。

病院や機械によっては、MRI検査を断られるケースがあるそうです。
これはアートメイクをしてもらう前には知りませんでした。

MRI検査を受ける前に、アートメイクを施したことを
必ず病院へ伝えておかないといけません。

MRIの機器

もし、MRI検査を受けられたとしても

  • アートメイクを施したところがピリピリする
  • MRI検査の画像に影響を及ぼす

こんなことが起きるかもしれないそうです。

私がアートメイクで後悔した1番の理由は
MRI検査を受ける際、不自由になってしまった。

その一言に尽きます。

今の所、健康体で、MRI検査は受けたことはありません。

でも、もし、この先を考えると、ちゃんと検査が受けられるのか?
結果に何かしらの影響を及ぼさないのか?

そこがすごく気になるのです。

繰り返しますが、アートメイクで
MRIが100%ダメというわけではありません。

病院の判断に任せるしかないのです。

ちなみに、私の知り合いの中には、
実際にMRI検査を断られた女性もいます。

もし、交通事故などにあったらどうしよう?

MRI検査を受けないといけない場合は、
意識がないと、アートメイクのこと病院へ伝えられないなあ。

おまけに、私はアイラインも入れているので、
もしかしたら、目がやけどしないかな?

ふと考えてしまいます。

アートメイクとMRIの関係

どうして、アートメイクについて
MRI検査の際に、病院へ伝えないといけないのでしょう?

その理由はアートメイクに使用する染料や色素のせいです。

アートメイクとは眉、アイライン、リップラインなどに
針を使って、色素を皮膚に入れていくものです。

メイクしなくても、この色のおかげで、
眉やアイラインができて、まるでメイクした状態になるのです。

皮膚の下に色素を着色するので、普通のメイクとは違い、
顔を洗ったり、水で流しても落ちることはありません。

とはいえ、永久に色素が残るわけではありません。
アートメイクした部分は、自然に褪色していきます。

眉毛の濃い猫

皮膚に針で色素を入れるという点では、

アートメイク = 刺青

じつは同じものなんですね。

違うところは、
アートメイクは表皮から0.02~0.03ミリの浅い部分を着色して、
刺青は表皮の下の深い部分に色をいれること。

アートメイクと同じく、刺青やタトゥーを入れている場合も
MRI検査の前に告知しないといけません。

どうして、アートメイクやタトゥーがMRI検査の時に
問題になってしまうのか?

使われる色素や染料に含まれる金属に原因がありました。

強い磁石と電波を使って、
体内の状態を見るのがMRI検査です。

スポンサードリンク

何かしら体に金属が含まれていると、磁気や電波が
反応して、やけどを負ってしまうことがあるのです。

例えば、義眼や心臓のペースメーカーを
使用している場合は、事前に伝えておかないといけません。

私たちが普段使うアイシャドウなどにも微量の金属が
含まれたりするので、検査の前にメイクは落とさないといけません。

もし、アートメイクに使われている染料に金属が含まれていると、
やけどを負う可能性がでてくるのです。

そして、それだけではありません。

検査に際に、金属の部分に反応して、
MRIの検査結果に何かしらの影響を及ぼす可能性も0ではないそうです。

アートメイクそのものが悪いのではなく、
使われている染料、色素、インクのせいだったのです。

MRIに反応する金属が含まれているか?
ここが問題になるのです。

アートメイクの長所と短所

どうでしょうか?

MRI検査が受けられない可能性が出てくるとしても、
アートメイクしてみますか?

眉毛のアートメイク

私が気づいたアートメイクの長所と短所を
思いついたまま書いてみると、、、

アートメイクの長所

  • すっぴんで近所くらいなら歩ける
  • メイクの時間が時短できる
  • 自分で上手に書けないアイブロウ問題とはおさらば!
  • 汗で眉毛が落ちることがない
  • 温泉などでもオッケー

アートメイクの短所

  • 近くで見ると、のっぺり眉毛がバレる
  • 立体感がないので偽物っぽい
  • 色がだんだん変色してくる
  • 眉頭が不自然
  • 眉毛の流行が変わっても形をチェンジできない
  • 定期的なメンテナンスが必要

どうでしょうか?

一番の長所はすっぴんでも眉毛があるので
ノーメイクの時の顔に自信が持てるところでしょうか?

眉毛が薄いお悩みはどうする?

しつこいようですが、アートメイクする前には
MRI検査に関しては全然知らない情報でした。

それを知ったので、いまは自然にアートメイクの
染料が落ちているのを待って、メンテナンスはやめました。

最後にアートメイクして5年以上経っています。

眉毛の方はかなり色素が落ちてきたのですが、
アイラインはまだまだ長持ちしています。

とにかく、アートメイクをメンテしないので
自力で眉毛を濃くするしかありません。

眉毛を濃くする方法は何かないのでしょうか?

友人が言うには、
馬油を眉毛に塗ると毛が生えてきたそうです!

そして、市販の眉毛の育毛剤も一つの手です。

髪の毛もそうですが、ストレスがあると
眉毛の成長によくないんだとか。

うーん、これは1番難しいかも(笑)

そして、眉毛の周辺の血行をよくする
眉毛が濃くなるそうです。

眉毛に沿って、優しくマッサージ!
これは、できそうです。

そして、最近は眉毛専用の美容液も売っています。

ロゴなし

美容専門雑誌などで、見かけたこともあるかもしれませんね。
すっごい、人気があるみたいですよ。

詳しくはこちら>>>すっぴんでもフサフサ美眉に…眉毛美容液マユライズ

眉毛が薄くて悩んでいる女性は
私だけではなく、すごくたくさんいるようですね。

まとめてみると、

自力で眉毛を濃くする方法

馬油
眉毛用の育毛剤
眉毛用の美容液
マッサージ
ストレスのない生活

 

こんなことができそうです。
眉毛が濃くなるまでの道は長そうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ