子供の微熱が続く!どうすれば?ここをチェックして!

子供の微熱が続く!

病院へいくべきか?
しばらく、様子をみるべきか?

高熱なら、すぐに病院へ連れていきますが、
微熱の場合は、悩みますよね。

スポンサードリンク

明日まで待っても大丈夫なのか?
今すぐ、夜間窓口へ行くべきなのか?

子供が微熱をだしたときに、どうすればいいのか?
判断するときに、ヒントになる情報をまとめてみました。

子供の平熱

『子供の平熱は、大人より高い。』
多くのひとがご存知のことだと思います。

では、実際どれくらい高いのか?

乳児から学童までをみると、
なんと20%くらいの割合で、
普段の体温が37℃を超えるそうです。

そして、子供の場合は、1日の
変動や季節での違いも大きいのです。

お医者さんに言わすと、他に症状がない場合、
37.4℃くらいまでは平熱とみるのが一般的だそうです。

草原のなかの子供たち

それを踏まえて、子供の微熱を
どう判断すればいいのでしょうか?

1日のなかで、

一番体温が低いとき → 朝
一番体温が高いとき → 夕方

少なくとも、2度ほど検温してみて、
その差をみてみてください。

その差が、1℃以内で、元気がよい。
他の症状がない。普段と変わらない。

そんな場合は、あまり心配しなくていいそうです。

1日の体温の差が、1℃以上あるときは、
微熱を疑った方が良さそう。

そして、大きな要因が季節です。

夏は体温が上がりやすく、冬に比べて
平熱が高くなりやすいのです。

例えば、冬の間は、36.70℃くらいの平熱だった子が、
夏になると、37.02℃くらいになるのは珍しくないのです。

冬でも、暖房の入れ過ぎ、厚着しすぎなどで
体温が上がりやすくなります。

まずは、お子さんの日頃の平熱や
時間、季節による体温の変化などを
知っておくといいですね。

微熱以外の症状は?ココをチェック!

子供が微熱をだしたとき、1番大切なのは
熱以外のところを、きちんと把握することです。

チェックマーク赤元気がない
チェックマーク赤吐く
チェックマーク赤頭が痛い
チェックマーク赤耳が痛い
チェックマーク赤だるそう
チェックマーク赤発疹がでてきた
チェックマーク赤鼻水がでる
チェックマーク赤鼻血
チェックマーク赤咳をする
チェックマーク赤微熱が4日以上続く

微熱の場合は、子供が辛さをうったえてくる
ことがなかったりします。

しっかり親の立場で、普段と違うことがないのか?

みてあげてください。

熱がでたら、すぐに下げないといけない。
そんなに慌ててしまう親心もわかります。

しかし、熱がでるというのは
多くの場合は、感染症に対する体の自然な反応です。

スポンサードリンク

もし熱が出ても、熱以外にあまり症状がない、
食欲もあり、元気に遊んでいるようなら、
あまり心配はありません。

38〜39℃以上の高熱をだすと、ひきつけをおこしたりして、
非常にわかりやすい症状がでてきます。

高い熱の場合は、髄膜炎や脳炎の心配もでてきます。

しかし、微熱で元気な顔つきでいるときは、
しばらくそのまま様子を見てもよいそうです。

子供の微熱で考えられる病気

1日の温度差が1℃以上ある微熱が続いたり、
何らかの症状を伴う場合などは、病院へ行き、
検査を受けることをオススメします。

前の章で、チェックした症状をお医者様に
伝えると、診断の助けになるはずです。

子供の熱の原因のほとんどが感染症!が多いのです。

ほとんどの場合が、細菌感染症によるのです。
それが原因で熱がでてしまうのです。

1番多いのが、中耳炎です。

こどもの場合は、急性中耳炎が多いのですが、
『耳が痛くなる』のが特徴です。

しかし、急性以外の中耳炎の場合は、
耳の痛みを伴わないこともあるので
判断が難しくなります。

耳が詰まった感じ、聞こえにくくなった。
そんな症状があるときも注意が必要です。

手足口病も微熱がでます。

その名のとおり、楕円形の水泡が
手、足、口に広がります。

特に、口のなかに水泡ができると
食べるときに、しみたり、痛くなるので
ものを食べたがらなくなります。

ほかに、子供がかかりやすい病気で
発疹をともなう病気も熱が伴います。

  • はしか
  • 水疱瘡(みずぼうそう)
  • 風疹(三日はしか)
  • 突発性発疹

などが、代表例です。

細菌に感染した以外で考えられるのが
体のなかで、炎症を起こしている。

リンパ系の病気、血液系の病気

それも可能性としてあります。

  • リウマチ熱
  • 関節リウマチ
  • 白血病

などがあります。

これらの場合は、病院の血液検査などで
すぐにわかるはずです。

微熱というより、高熱が続くのが
特徴である川崎病もリンパ節が腫れます。

熱中症にかかった子供

それ以外に、夏に気をつけたいのが熱中症です。

大人よりも体力がなく、体温が高いので
脱水症状や熱中症になりやすいのです。

ぐったりしていたり、だるそうな場合は
水分補給をこまめにするよう注意しましょう。

そのほか、微熱が続くときに考えられる病気は?

  • 肺炎
  • アデノウィルス(プール熱)
  • 溶連菌感染症
  • ヘルパンギーナ(夏かぜ)
  • おたふくかぜ

熱の原因は、いろいろあります。

子供が微熱をだしたときの対応

様子をみても、日頃と変わった兆候がない。
病院へいくほどではない。

そんなときは、子供の発熱時に
どのように対応したらいいのでしょうか?

部屋の温度や湿度

冬場であれば、空気が乾燥しないように。
夏場であれば、暑すぎず、冷えすぎずの温度設定を
して、過ごしやすいように。

水分補給

水分補給は十分にしてあげてください。
イオン飲料を薄めて飲ませてあげるのもいいでしょう。

食欲がないときは、無理に食べさせなくても大丈夫!
ただし、水分だけには気をつけてあげてください。

熱のために、汗をかくので、体が冷えないように
こまめに着替えさせてくださいね。

嫌がらなければ、アイスノンや
氷枕で頭を冷やしてもいいそうです。

5才以下の子どもの熱をさますのは、
体の表面を冷やしてあげるのが基本です。

薄着にして体を冷やすようにしますが、
無理に冷やすのはひかえたほうがよいでしょう。

最後になりますが、お医者さんに言わすと
発熱は、熱があることよりも、その原因が問題だそうです。

多くの場合は感染症で、自分の免疫力で病原体と戦って
時期がくれば治っていきます。

しかし、6ヶ月以内の赤ちゃんは熱を出さないそうです。

6ヶ月以内で、38℃以上の発熱があるときは
すぐに、小児科医に診てもらってくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ