ココナッツオイルダイエット!効果的なやり方やコツは?

ココナッツオイルで痩せる

オイル=油のはずなのに、
どうして痩せるの?

ちょっと、不思議に思いませんか?

じつは、ココナッツオイルダイエットで
痩せるためには、ちょっとしたコツがあります。

スポンサードリンク

ココナッツオイルでどうして痩せるのか?
理由を探ると、効果的なダイエットの方法がみえてきました。

理屈っぽいのが、苦手な人でも
わかりやすいように、整理してみました。

では、どうぞ!

ココナッツオイル・ダイエットのやり方

ココナッツオイル・ダイエットの
やり方は、超簡単です。

ココナッツオイルを100ml
1日に摂取する!!!

 

それだけです。

えー!!!
それで、どうして痩せるの?
理由は、この後で説明していきますね。

ところで、ココナッツオイル
100mlは、大さじ、6〜7杯くらいです。

量としては、かなり多そうです。

ちなみに、カロリーを調べると、
100g=921kcalでした。

不二家の、苺のショートケーキが
1個で、267kcalです。

ショートケーキ3個のほうが、カロリーが少ない!

ダイエットで悩む女性

ご飯1膳(140g)で、235kcalです。

ごはんだったら、4杯くらい食べれる計算です。

本当に、ココナッツオイルで痩せられるの?
ちょっと、心配になってきました。

ココナッツオイルで痩せるわけ

カロリーは高いのに、
ココナッツオイルで痩せるのはなぜ?

そのキーは、ケトン体にあります。

ケトン体とは?

人間が活動するときに、
エネルギー源となるのが、ブドウ糖とケトン体です。

糖質を摂取すると、体内でブドウ糖に分解されます。
そして、優先的に、エネルギー源として使われます。

一方、ケトン体は、脂肪を分解して
エネルギーに変換してくれるのです。

体のなかで、血糖が少なくなると、
血液中にケトン体が増えます。

そのあと、ケトン体が、脂肪を分解して
体のなかで、エネルギーとして燃やしてくれます。

簡単に言うと、ケトン体が増えると
脂肪を燃やせる体になるわけです。

ダイエットに悩む女性

逆に、ブドウ糖が多い状態では
脂肪は、いつまでたっても燃えません。

そして、ここが大事なところですが、
ココナッツオイルに含まれる、
中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)には、
ケトン体の生成をスピードアップさせる効果があるのです。

大豆油、コーン油、オリーブオイルに含まれるのは、
長鎖脂肪酸(ちょうさしぼうさん)です。

これらは、体内に脂肪として、蓄えられたあと
必要に応じて、エネルギーになります。

スポンサードリンク

一方、中鎖脂肪酸は、肝臓に運ばれて
すぐに、エネルギーとして分解される特徴があります。

これが、ほかのオイルとの大きな違いです。

その差は、4〜5倍と言われています。

5倍ものスピードで、分解されて、すぐに燃焼する。
だから、オイルとはいえ、脂肪になりにくい! のです。

ココナッツオイルダイエットを成功させるコツは?

ココナッツダイエットは、カロリーを制限する
ダイエットとは、根本的に違います。

ココナッツオイルの1番の特徴はケトン体。
そのおかげで、脂肪を燃やす体質に変えてくれる!!!

そして、ココナッツオイルは、
他のオイルのように、体内に脂肪として溜まらない
すぐに、エネルギーにかわる油!!!

ここが、ココナッツオイルダイエットの肝(きも)です。

『脂肪が燃えてくれる、ケトン体質を作る』
『スタミナが続く、エネルギッシュな体作り』

こんなことが、できるんですね。

注意することが、いくつかあります。

まずは、ブドウ糖をなるべく取らない。

体のなかに、糖が多い状態だと、
ケトン体ではなく、ブドウ糖をエネルギーとして、
使ってしまいます。

これだと、ケトン体の出番がいつまで
たっても、やってきません。

糖質といえば、炭水化物が代表です。

ごはん、うどん、パンなどは少なめ
あるいは食べない!

ココナッツオイルダイエットには
カロリーの制限はありません。

しかし、糖質に関しては抑えるべきでしょう。

主食のごはん、パン、麺類は控えめにしたほうが
ココナッツオイルダイエットの効果がはやくでます。

そして、2番目は、、、
ココナッツオイルは油です。

それを、100mlも、いっぺんにとると?

はい、かなりの確立で、下痢になります

私も、ココナッツオイルを、とりはじめた頃は
お腹が緩くなりました。

これを防ぐために、最初は、100ml以下の量で、
はじめることをおススメします。

特に、空腹時にとると、てきめんにお腹が緩くなるので、
食事といっしょに、ココナッツオイルをとるほうがベターです。

そして、いっぺんに摂るのではなく、
1日数回に分けて、摂取する。

血中のケトン体レベルを、常に
一定範囲に保つことが大事です。

ケトン体を、体の中で、長時間にわたり
キープすると、ケトン体質に近づけます。

ココナッツオイルの食べ方

最後に、ココナッツオイルの食べ方。
個人的なおすすめ方法です。

コーヒーに入れるのは、意外といけます。
香りが、ちょとだけ、ココナッツ風味になります。
ハワイのフレーバー・コーヒー気分になれます。

(しかし、コーヒーとは混ざらず、
表面に油が浮いて、見た目はイマイチです。)

ココナッツオイルの香りが苦手な人は?

そんな場合のおすすめは、野菜炒めです。
炒め油をココナッツオイルに変えてみる。

それに、豚肉、鶏肉、牛肉を加えてもオッケーです。
お肉はタンパク質なので、抑える必要はありません。

これだと、野菜とお肉が、たくさん食べれて、
ごはんなどの炭水化物を抑えられます。

ココナッツオイルは炒めると、香りが飛んで
食べやすくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ